りんごと春夏秋冬

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

空気も凍る1月の終わりころ、りんごの枝の剪定が始まります。
伸びすぎた枝を切り、バランスを整え、主枝の先端まで樹液がうまく流れるように・・・

冬は木も眠っていて準備期間。私たちもあれこれ準備をととのえます。

桜前線が過ぎ、葉桜が満開のころ、真っ白なりんごの花が満開になります。
りんごも桜もバラ科なので、りんごの花と桜の花は、形がそっくり。
でも、りんごのつぼみは桃色なのに、咲くと真っ白なのです。(たまにうす桃色)
りんごは、ひとつの花芽から5つほど花を咲かせます。

りんごの花が開花しはじめると、とたんに私たちも忙しくなります。
まずは人工授粉から。
みつばちが少なくなり、自然受粉が難しいため、ホワホワ(むかし耳かきの後ろについていたような)のついた、ながーい棒で、こっちの花をちょんちょん、種類のちがうあっちの花をちょんちょん、として畑中歩きます。
受粉した花は、もう結婚済みよ、とポッと赤くなってくれればいいのに、そうもならないので、どこをやったか分からなくなりながら、延々と回ります。

bee
syunka2
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後、不要な場所に咲く花を摘み、来年の人工授粉用の花粉を集めます。

花が終わると、摘花しきれずに実を結んだ、ちいさなちいさなりんごたちを、5つのうちのひとつにしていきます。(荒摘果)
どうやって5つの中からひとつ選ぶかというと、主に中心果や形のいいもの、軸が太く大きいもの、あとは、なんとなく瞬間的に目の合うりんごがいるのです。
一本の木からは何千という花、実がつくので、それはそれは気の遠くなる大仕事。

そのあとお盆が終わるころまでかけて、どの枝に、どれだけりんごをならせようかと思い悩みながら、ここは多いとか、ここはいらないとか、このりんごはおいしくならないなど、暇さえあればりんごの木の周りを摘果してまわります。
ただ、そんな最中に雹(ひょう)が降ったり、台風が来たり、カラスの大群が来たり、毎年何かしらのハプニングに会いながら、作業をすすめます。
また、6月から8月は水分がとても大事。
のびのびと、シャキッと、果汁いっぱいのりんごにするためには、水やりが欠かせません。

syunka4

そして、夏が終わり、上田の気温が下がってくると・・・
9月も半ばをすぎると、早生のりんご、シナノドルチェやシナノプッチがおいしいころ。
9月下旬からは、秋映(あきばえ)、紅玉など酸味のあるりんごが熟します。
10月中旬には、シナノスイート、シナノゴールドがおいしくなり、
11月上旬には、王林、あいかの香りがもう食べごろ。
11月中旬には、りんごの王さま、ふじ。

あとはもう、みなさまのお好みのりんごを、お届けできる順番に、せっせとつめつめ、お送りするのみ。

りんごをすべて収穫し終わったりんごの木は、重たい重たいこどもたちがみんな巣立ち、その重さで垂れ下がっていた枝たちもすっきりピンっと、また空に向かいます。
そして、一年ごくろうさま、ありがとう、また来年もよろしくお願いします、と木と土に「お礼肥」をします。

syunka5
juce02

濃くて素直なやさしい味に。

出荷の際には、日焼けしていたり、鳥につつかれたり、虫に果汁を吸われたり、枝にぶつかった痕があったり、実がはじけてしまったり、そばかすが多かったり、そんなりんごたちもたくさんいます。
そんなりんごたちは、お正月が過ぎ、贈答りんごの仕事もひと段落したころ、とびきりのりんごジュースに変身。
通常売っている濃縮還元ジュースとは、同じ「りんごジュース」とは呼べないほど、りんごの味そのままの、濃くて素直なやさしい味のジュース。
ぜひ一度味わって頂きたいジュースです。